「カフェティエーラ・エスプレッソ」ホームへ
 直火式エスプレッソメーカー専門店 〜カフェティエーラ・エスプレッソ〜

「ベルマンCX-25」
クリスマスギフト包装
エスプレッソについて
取り扱い商品
注文について
その他

e-shopsレンタルカート
お客様の大切な個人情報は、
SSLで保護されています。
ホーム>器具の使い方/エスプレッソの入れ方(淹れ方)


器具の使い方/エスプレッソの入れ方



エスプレッソメーカーの使い方(写真は「イルサ」3カップ用)
拡大写真を見る - 水を入れるボイラーの側面に付いている安全弁の下まで水を入れます。新鮮な水道水、またはミネラルウォーターを使用してください。
安全弁とは?
ボイラー内の圧力が高くなりすぎた時に蒸気を抜くための弁です。通常は作動しません。
拡大写真を見る - フィルターカップをセットするコーヒーバスケットをボイラーにセットします。
拡大写真を見る - 減量フィルターをセットする減量フィルターがついている商品は、必要に応じて使用してください。
減量フィルターとは?
器具容量の半分の量だけエスプレッソを作るときに使用します。エスプレッソメーカー「イルサ」などに付属されています。
拡大写真を見る - コーヒー豆を入れるコーヒーの粉をバスケットに満たします。一般的に、「深煎り」の豆を「細挽き」にして使用します。直火式の場合、コーヒーの粉はならす程度で、上から押さえつけないようにしてください。
拡大写真を見る - サーバー部を取り付けるサーバー部を取り付けます。最後までしっかり回して固定させてください。
拡大写真を見る - 弱火にかける弱火にかけます。ガスコンロ、電気コンロ、セラミックヒーター、ラジエントヒーターがご利用になれます(「パッシオーネ」はIH調理器でも使用できます)。ガスコンロ上で器具が安定しない場合は、網やガスセーフティ(写真)などを使って必ず安定させてからご使用ください。
拡大写真を見る - 抽出される数分後、抽出されたエスプレッソがノズルを通って上部サーバーに溜まってきます。ポコポコという音がして抽出が終わりましたら、火を止めて出来上がりです。サーバー内のエスプレッソをスプーンで軽くかき混ぜてから、出来たてをカップに注いでお召し上がりください。


エスプレッソメーカーご使用上の注意
器具がコンロに合わないときは、別売り(または付属)のガスセーフティや網を敷くなどして、必ず安定させてからお使いください。

加熱した器具は高温になりますので、ミトンや布きんでお取り扱いください。特にお子様が触らないよう十分ご注意ください。

豆は「細挽き」程度のものをお使いください。「極細挽き」の豆はフィルターが目詰まりを起こし、エスプレッソが抽出されなくなる原因となりますので、使用しないでください。

強火にかけないでください。器具の破損につながるほか、エスプレッソが正しく抽出されなくなります。また、ハンドルを直接加熱しないようご注意ください。

ボイラーとサーバーの開閉は、器具が完全に冷めてから行ってください。また、開閉の際はハンドルやフタを持たず、本体をつかんで行うようにしてください。

空焚きに注意。コーヒーが出来上がったらすぐに火を消してください。抽出が終わってもボイラーには空焚き防止のため少量の水が残るようになっていますが、そのまま加熱を続ければ空焚きとなり、器具にダメージを与えてしまいます。



ここがポイント!
コーヒー豆は、「細挽き」程度のものをお使いください。一般に「エスプレッソ用」として売られているものは、電気式エスプレッソマシン用の「極細挽き」になっていることが多いのでご注意を。「極細挽き」の豆は直火式メーカーには細かすぎ、目詰まりの原因になります。
 なお、焼き方は「深煎り」(よく焼いたもの)が一般的にエスプレッソに適しています。苦味より酸味が好きな方はローストを少し浅めに。

必ず弱火で加熱しましょう。強めの火力で加熱すると、水が十分に温まる前に上がってきてしまうなど、正しい抽出が行われなくなります。また、ハンドルやパッキンの損傷にもつながります。

使い始めのうちは、火を止めるタイミングに迷うことがあります。火を止めるのが早すぎるとコーヒーが全部出来ていないし、遅すぎると空焚きが心配。火から下ろすタイミングの目安は、「ポコポコ」という音です。抽出が始まり、ノズルからコーヒーが出始めると、「フツフツ」という感じの小さな音がします。そして抽出がほぼ終わったとき、それよりも大きな音で「ポコポコ」という音が聞こえてきますので、これを合図に火を止めてください。何度か使用するうちにすぐに慣れてきます。

エスプレッソメーカーは、使い込むほどにコーヒーの香りが器具になじみます。初めてお使いになるとき、金属のにおいを消すため、実際にコーヒー豆を入れて試運転することをおすすめします(このコーヒーは飲まずに捨てます)。また、普段のお手入れは、水(またはお湯)だけで洗い、洗剤は使わずに、コーヒーの香りと適度な油分を残しましょう。

お好みの味を出すには、まずは器具に慣れていただくことが大切。単純な構造ではありますが、機種ごとに多少の特性があります。何度かお使いいただくとそれもわかってきますので、後はコーヒー豆の焼き加減や粗さ、量の加減で、オリジナルのおいしさがきっと見つかることでしょう。


【読みものページ目次】


 










  送料 > 詳しくはこちら

全国送料無料でお届けします。
*お買上げが税込3,000円未満の場合は一律600円となります。

  お支払い方法 > 詳しくはこちら

◆代金引換(手数料190円)
ヤマト運輸「宅急便コレクト」

◆クレジットカード(手数料無料)

◆コンビニ後払い(手数料190円)

商品お届け後にご請求書を郵送いたします。

◆前払い振込(手数料実費)
ご入金確認後に商品発送。
三井住友銀行・楽天銀行・ゆうちょ銀行

  配送 ヤマト運輸にてお届け。 > 詳しくはこちら

◆発送日
午後3時までのご注文は当日、それ以降は翌営業日に発送いたします(欠品を除く。日・祝日は定休です)。配達日はご指定いただけます。

◆時間帯指定(下記よりお選びください)

  ギフト包装・メッセージカード > 詳しくはこちら

コーヒー好きのあの方へ…
ギフト包装とメッセージカード作成を承っております(包装料52円)。

  アフターサービス > 詳しくはこちら

当店でお求めいただいた商品につきましては、消耗品を含む各種部品の販売など、責任を持ってそのアフターサービスにあたらせていただきます。


 お問い合わせは・・・
 9:00〜17:00(日曜日・祝日は定休) 商品やサービスについてお気軽にお問い合わせください。

商品、サービスに関するお問合わせは―
ピーアンドピー株式会社
電話:0438−63−8160  メール:info@caffettiera-espresso.com

イタリア製直火式エスプレッソメーカー専門店「カフェティエーラ・エスプレッソ」
since 3.15.2001 © P&P Corporation 2001